IT女子がお届けするオフィスワーク効率化・VBA技術紹介

ノンプログラマーによるノンプログラマーのためのやさしい解説付き

スポンサーリンク

【合格体験記】VBAエキスパート・ExcelVBAスタンダード

前回に続いて、スタンダードレベルの体験記です。
f:id:excel-accounting:20180414162034p:plain:w400

ベーシックの記事はこちら
www.excel-prog.com

概要

受験日:2017年11月
受験料:13,176円(割引受験適用)
点数:889点(1000点満点)
最低合格点700点 ※毎回同一ラインではなく、試験により異なるらしい

その他詳細は公式HPでご確認ください。
Excel VBA スタンダード|VBAエキスパート公式サイト

難易度

さて、前回のベーシック記事と同じく、難易度例えシリーズです。今回は比較版。

例えると・・・ ベーシック スタンダード
英検 4級~3級 準2級~2級
水泳 クロール・平泳ぎが25メートル泳げる クロール・平泳ぎ・背泳ぎは25メートル楽に泳げる。バタフライはちょっと辛い
テニス フォア・バックストローク、フォアボレーが打てる(サーブ練習中) ストローク・ボレー・サーブが安定して打てる(スマッシュ練習中)
ゴルフ 120~140くらいで回れる 100くらいで安定して回れる
ピアノ バイエルの赤~黄 エリーゼのために

難易度のイメージわきましたか?

スタンダードでもまだ「実務に耐えうるレベルではない」というのが率直な印象です。

英検だと、2級といっても、
・海外旅行で簡単な日常会話ができる
・街中の簡単な看板が理解できる
程度であって、とても「仕事で使える」レベルではありませんよね。

ただ「実務に耐えうる」「仕事で使える」というのは、VBAの専門家として生きていくのには足りないだけであって、営業事務や経理事務などでの作業を効率化するには十分な知識量だと思います。

使用教材

VBAエキスパート公式テキスト Excel VBA スタンダード

こちらもベーシック同様「The・教科書」です。

スタンダードだけあって、実務でも使えそうな具体的なソースコードがいくつか載っていました。

エラー対応やユーザーフォームも載っていて、ベーシックと比較して、ぐっと実務に近づいています。
ただ、「レジストリの操作」はかなりマニアックに感じましたね。

注意事項

①記述式問題がある
ベーシックが全問選択式(4択)であったのに対し、スタンダードは「記述式」の問題もあるんです!
(筆者の感覚では1/3~1/2程度あったかと・・・)

ですので、模擬問題の実施は必須です!

例題:「バリアント型の変数abcを宣言する命令を【1】【2】に入力しなさい。」
【1】abc As 【2】

すでに実務で使いこなしている人であれば簡単な問題ばかりですが、テキストのみで勉強するのはかなりキツイと思います。

公式テキストを読みながら、自分で手を動かしてみましょう!

ネットのソースをコピペばかりしていたり、エディタに頼りきりになっていたりすると、思わぬ落とし穴が・・・

筆者は、オブジェクト生成の命令文記述を問われる問題で、CreateObject を、Create Object と回答してしまい、間違えました。

半角スペースが要らなかったんですね。きちんと正確に記憶する必要があります。

②テキストに載ってない問題が出る

実際の試験問題では、
公式テキストにも模擬問題にもまったく載っていない
 or
わずかに載っているがそんなに詳しく書かれていない
という問題がいくつかありました。

確実に合格を狙うのであれば、自分自身である程度VBAを使っていないと厳しいですね。

当日の流れ

こちらはベーシックと同様です。

それでは、ご健闘をお祈りします!

スポンサーリンク