もりさんのプログラミング日記

教えることは、二度学ぶこと

スポンサーリンク

【Windows】標準アプリの電卓が便利すぎる!

経理などの数字を扱うオフィスワーカーにとっては身近な「電卓」、みなさん使ってますか?

f:id:excel-accounting:20180424115417p:plain:w150

「計算途中に話しかけられて、どこまで計算してたかわからなくなった!」

「電卓の計算は合ってたのに、Excelへ入力するときに転記ミスした!」

なんてこと、ありませんか?

 

今日紹介するのは、

Windowsアプリの電卓

です。

f:id:excel-accounting:20180515092023p:plain:w400

「電卓」よりもずっと便利な「電卓」ですよ!

なにが便利かって?

この2点です!

  • 計算の履歴が確認できる
  • 計算結果をコピー貼り付けできる

さぁ、使い方から紹介していきます。

Windows電卓の使用方法

※説明画像はWindows10ですが、Windows7でもほぼ操作は同じです。


①"電卓"で検索し、タスクバーにピン留めする
(Window7は、スタートメニュー→プログラムとファイルの検索)

f:id:excel-accounting:20180213203350p:plain


②タスクバーの図形をドラッグ&ドロップで好きな位置に移動する
(下記画像では1番左に置いています。)

f:id:excel-accounting:20180213203854p:plain

Windowsキー& を押して起動

※数字はテンキーではなくキーボード本体上部のキーを使用してください。

※数字の"1"は、タスクバーの並び順です。2番目に置いている場合はWindowsキー&2となります。

使い方は普通の電卓とほぼ同じです。
(+・-・×・÷なども)

f:id:excel-accounting:20180213204946p:plain

パソコンのキーボードのテンキーで入力ができるので、テンキー入力に慣れてる人には特に使いやすいと思います。

計算が終わったらCtrl + C → Ctrl + V で計算結果のコピー貼り付けができます。

計算結果をExcel等にコピペができるなんて、最高に便利じゃないですか?

 

オフィスワークのみなさん、ぜひぜひWindowsアプリの電卓を使って、サクッと計算&入力しちゃいましょう。

スポンサーリンク