基礎から学ぶVBAプログラミング教室

もりさんのお題を解きながら楽しく勉強しよう

スポンサーリンク

【運営記録】おかげさまで5ヶ月・50記事・1万PV!

いつも当ブログにお越しいただきありがとうございます。

2018年1月上旬に開設して約5ヶ月。

累計10,000PVに届きました。

ツイッターをやってると月間ウン十万PVなんて方がたくさんいるもので、

自分なんてまだまだ…と思う一方で、

「自分やればできるじゃん」みたいな自信にもなっています。


f:id:excel-accounting:20180613204913p:plain:w400

ブログを始めたきっかけ

きっかけはこんな感じ。

  • 新年だから何か新しいことにチャレンジしたい
  • 会社勤めイヤだから家で稼ぎたい(通勤電車ツライ~)

(イメージ)
f:id:excel-accounting:20180613192139p:plain:w200

まぁ自分でいうのも変ですが、いかにも「新年のサラリーマンが考えそう」な理由ですよね(笑)


いまだから言います。


どうせ自分は続かないだろうと思ってました。


三日坊主で終わる自信満々でした。


そんな私がここまで続けられてるのは自分でもビックリしています。


どこかでこんな言葉を聞いたことがあります。


3時間続けば、3日続けられる

3日続けば、3か月続けられる

3か月続けば、3年続けられる


この調子でいけば3年は続けられそうです。

続けられている理由

ノンプロ研に入ったことが大きな理由です。

正式名称「ノンプログラマーのためのスキルアップ研究会

その中でも特にコレ!
プログラミング学習のコツは「アウトプット」!人に教えるつもりで学ぶことのススメ

アウトプットの場所として「ブログ」を活用すると良いとのこと。

これはプログラミングの勉強に限らずです。


もともと「文章を書いたり図を作るのが好き」というのも大きな要因ですが、

  • 自分が作ったプログラムについて文章で解説する
  • 解説用の図をExcelで作る

ということをしていると、

それだけで理解が深まっていくのが体感できるんですね。


文章を書くことによって思考が整理されて、


(あれ?ココとココの処理似てるから部品化できるじゃん!)


みたいな、


思考を文字におこすことによる「新たな気づき」があります。


これがブログを続けられる楽しさのモトになっています。

改めて、このブログの趣旨

このタイミングで改めて(初めて?)ブログの趣旨をまとめてみます。

【対象読者】
オフィスワーカー

ちなみに、私のオフィスワーカーの定義は、

「自分専用のデスクとパソコンが与えられていて、一日の就業時間の半分以上、パソコンで作業をしている労働者」

です。

結構あてはまる人、多そうですよね。

そのみなさんに伝えたいことは、ブログテーマにも掲げているこの2つです。

  1. オフィスワークの効率化
    • Windowsカテゴリ
    • Excelカテゴリ
  2. VBAの技術紹介
    • VBAカテゴリ

この3カテゴリをメインテーマにしている理由は、すべてWindowsの標準機能だからです。

(日本の会社で配布されているパソコンはWindowsが多いですよね。)

標準機能というのは、

  • 特別なソフトウェアのインストールが不要
  • パソコンの初期設定のまま、誰でも使える


たいていの業務パソコンにはMicrosoft Officeが入ってますよね。

Excelが使えればマクロ機能も使えますね。

VBAが書ければ、複雑なマクロが作れますね。

(参考)

  • マクロ=Excelの作業を自動化する機能
  • VBA=マクロを作るためのプログラミング言語

どれも「オフィスワークの効率化」につながるツール・手段です。

VBAは、特別なソフトウェアのインストールが不要な、オフィスワーカーにとって身近なプログラミング言語です。

オフィスワークには制約がある

新しいプログラミング言語を勉強するぞ!

新しいツールを導入しよう!

って、積極的に新しい技術を取り入れるのはもちろん大事だと思います。

でも、会社によっては様々な事情で、それができないこともありますね。


ちょっと私の過去の経験を話します。

一時期勤務していた会社が、とても規律・制約の厳しいところでした。

業界・業種柄というのもあり、セキュリティ対策も万全。

どのくらい厳しいかというと、

会社から配布されたパソコンに入ってるソフトウェア以外の使用は一切禁止!

つまり、自分でソフトウェア入れるのは禁止!ってことです。

その厳しい規則が何をもたらすかというと・・・

「目視チェック」です。

f:id:excel-accounting:20180419175424p:plain:w150


たとえばExcelやPDFの資料の差分比較をする場合、
(3月期と9月期の資料の比較など)

それぞれの資料を印刷して、机に並べて、一行ずつ目視で違いを見つけて、ボールペンでレ点チェックする。

もちろん「2人でダブルチェック」です


目視でダブルチェック…


((( ;゜ Д ゜)))


ええええぇぇ


WindowsとExcel使えば一瞬で終わるようなことも、残業・休日出社して当たり前のようにやっていたんですね。


あまり言うと悪口みたいになっちゃうので昔の話はこれくらいにして…


あっ、いや、悪口ではなくて…


まぁ、こういう会社での経験があるからこそ、

「パソコンの標準機能をいかに使いこなすか」をたくさん勉強しました。

そして、そのノウハウを、同じような環境にいるオフィスワーカーのみなさんに広げていきたいと思っています。

色々な友人の話を聞いていると、似たような環境の会社、多そうですし、

組織の中での一個人の力なんて限られてますよね。

自分の希望するソフトウェアを導入するなんて、大企業の一個人の力ではとうてい無理です。

オフィスワークって?

「与えられた環境・制約のなかでいかに作業を工夫して成長するか」

だなと思っています。

(あのソフトウェアが使えたらこの仕事もっと早くできるのにな~)

なんて考えても仕方ないですよね。

今の会社で「与えられている環境」をフルに使いこなして(駆使して)、目の前の作業を効率化することを考えましょう。

たとえば「Windowsのフォルダを100個作る」場合、フリーソフトもプログラミングも不要で、Excelだけでサクッとできちゃうこんなワザがあります。
www.excel-prog.com


オフィスワーカーがプログラミングを習得したら最強ですが、WindowsとExcelを使い倒せるだけでもワンランクアップですよ。

※もちろん、「与えられた環境」が気に入らなければ転職か独立すれば良いと思いますよ。

最後に

あらためて、日頃のご愛読ありがとうございます。

ぜひぜひこちらの記事もご覧になって、ワンランク上のオフィスワーカーを目指しましょう!

これからもよろしくお願いします。

スポンサーリンク