IT女子がお届けするオフィスワーク効率化・VBA技術紹介

ノンプログラマーによるノンプログラマーのためのやさしい解説付き

スポンサーリンク

【Windows】マクロを使わずに複数フォルダを一括作成する方法

f:id:excel-accounting:20180516230211p:plain

この記事で紹介すること

複数のフォルダを一瞬で作成する方法を紹介します。

 

f:id:excel-accounting:20180622214231p:plain

 

✔この記事で紹介する方法のメリット

・フリーソフト不要!

・プログラミング(マクロVBA)不要!

 

✔作業に必要なもの

・Excel

・コマンドプロンプト

(※Windowsに標準で入ってるアプリです。詳細はのちほど説明します。)

※お急ぎの方は飛ばしても大丈夫ですよ!

 

✔作業のおおまかな流れ

1.Excelシート上でフォルダ作成コマンドを作成する

2.作成したコマンドをコマンドプロンプトで実行する

 

それでは作業開始!

複数のフォルダを一括作成する

作成したいフォルダ名の一覧をExcelシートに用意します。

ここからは、A列に記載の47都道府県フォルダで解説します。

f:id:excel-accounting:20180524142509p:plain

 

手順①Excel上でコマンド作成

※コマンド=命令文

B列に文字列結合の数式を入れます。

="mkdir "&A1
f:id:excel-accounting:20180524144036p:plain

mkdirの後ろに半角スペースが入ってるか確認してくださいね!

【解説】

f:id:excel-accounting:20180508012433p:plain

 

【最終行までの簡単コピー方法】

f:id:excel-accounting:20180524144125p:plain

+のマークが表示されたポイントでダブルクリックすると、最終行まで数式がコピーされます。

f:id:excel-accounting:20180524143648p:plain

 

【注意】
※この状態でフォルダ作成をすると、エクスプローラー上はフォルダ名の昇順で並びます。

エクスプローラー上もExcelの順番通りになるようフォルダを作成したい場合は、A列に連番を振ってフォルダ名の先頭に付与しましょう。

f:id:excel-accounting:20180524144825p:plain

 

(簡単に連番を作る方法)

上記の【最終行までの簡単コピー方法】と同様です。

f:id:excel-accounting:20180524150208p:plain

A1セルの右下にマウスのポインタをかざして、マークが表示されたところでダブルクリックします。

f:id:excel-accounting:20180524150254p:plain

 

手順②.フォルダ作成場所に移動

一括でフォルダを作成する場所にアクセスして、アドレスバー(赤枠のパスの部分)をマウスでクリックします。

f:id:excel-accounting:20180507214319p:plain

 

このように編集モードになったら、

f:id:excel-accounting:20180507222928p:plain

 

cmdと入力し、Enterキーを押します。

f:id:excel-accounting:20180507214641p:plain

 

コマンドプロンプトが起動しました。

さきほどのフォルダと同じパスが表示されていることを確認します。

f:id:excel-accounting:20180507214942p:plain

 

手順③.コマンドの実行(フォルダ作成)

手順①で加工したExcelのデータ範囲を最終行まで選択して、コピーします。

f:id:excel-accounting:20180524145110p:plain

 

データ範囲をコピーしたら、

コマンドプロンプトのカーソルが点滅している部分に、

下記のいずれかの方法で貼り付けます。
※バージョンによって異なる

①Ctrl + V

②マウスを「右クリック」のみ

③マウスを「右クリック」→「貼り付け」を選択

 

f:id:excel-accounting:20180507223451p:plain

 

一瞬でコマンド実行されるので、最初はちょっと驚きます。

f:id:excel-accounting:20180419175424p:plain

 

f:id:excel-accounting:20180507220744p:plain

 


出来上がり!一瞬でしたね。

f:id:excel-accounting:20180524145633p:plain


Excel上で連番を振っておいた場合はその並びで表示されます。

f:id:excel-accounting:20180524145509p:plain 

 フォルダ作成のショートカットキー


フォルダを作成するパス配下で、 
ショートカットキー Ctrl + Shift + N の3つのキーを同時に押す。
→「新しいフォルダー」が作成されます。

キーボード上に手がある状態なので、そのままフォルダ名入力ができて効率的ですね。

さぁ、今日から是非使ってみましょう。

 

 コマンドプロンプトの説明はこちら

 


とにかく急ぎでフォルダを作成したい時は、この方法が有効的ですが、
仕事によっては、定期的にフォルダを作成する場合がありますよね。

そんな時はVBAでフォルダ一括作成マクロを作っておくと便利です。

ぜひこちらもご覧くださいね。

 

www.excel-prog.com

 

スポンサーリンク