もりさんのプログラミング日記

教えることは、二度学ぶこと

スポンサーリンク

ブログ更新を支える技術~支えられる側の感想~

f:id:excel-accounting:20181009230557p:plain

最近Twitter界隈をにぎわせている某スパルタチャンネルに関するツイートがこちら。


そして、噂の主催者タダケンさんのブログがこちら!
(※アイキャッチ画像オマージュしちゃいました)
tadaken3.hatenablog.jp

さて、このスパルタチャンネルに無理やり引きずり込まれた自ら参加した私が、ブログ更新を支えてもらっている側の視点で感想を書いてみたいと思います!

週一でブログ更新するチャンネルとは?

週に一本記事を書こうね!ブログ更新しようね!というチャンネルです。

そこで物議を醸しているのが、

超スパルタチャンネルなんでしょ?

更新しないと晒し上げられてお尻叩かれるんでしょ?

という物騒感…

(↓こんなイメージ?)

f:id:excel-accounting:20181009231028p:plain:w300

いろいろな憶測が一人歩きしてそうですね。

実際、タダケンさんは何をやっているの?

「みんなのブログ更新状況をスプレッドシートにまとめ、そのスプレッドシートの状態をスクリーンショットにとり、日次でSlackのチャンネルに通知する」

です。

前回記事からの経過日数によって、黄→赤→黒と色が変化していく仕様になっています。
(更新が滞ると警告色が付く=全員真っ白が理想の状態)


そして、ここからが大事ですよ!

なんと!毎日、優しいコメントでみんなを励ましてくれるのです!


たとえばこんな感じです。

「すごい!!!白が継続している。みなさんほんとすごいですよ!!!」

Enjoy Point①

メンバーをホメてホメてホメまくる
⇒誰だってホメられると嬉しいですよね!


「なんと!今日も真っ白ですね!すごい。昨日、ブログ更新された XXさん、おつかれさまです!」

Enjoy Point②

更新状況をウォッチして、名前を呼びかけて努力をたたえてくれる
⇒名前を呼んでもらえると、自分のこと見てくれてるんだな~って嬉しいですよね!


「今朝も真っ白ですね!最高にハイってやつだぁぁぁ!!」

Enjoy Point③

リーダー本人が誰よりも一番この企画を楽しんでいる
⇒リーダーが楽しそうにしていると、メンバーもその背中についていきたくなりますよね!


愛にあふれていますね!



毎日手動で通知がくるの?

タダケンさんの技術力をもってすれば、このくらいの処理は爆速開発できるはず!です。

でも、もしこれが、Botのように毎日決まった時刻に決まった文言でスクリーンショットが送られてくるだけだと、ちょっと無味乾燥ですよね。


人間って、見慣れた風景に刺激を感じなくなるじゃないですか。

毎日の通勤経路とか、会社のメーリスで飛んでくる定型文言のメールとか・・・


だからこそ、毎日不定の時間に、タダケンさんの愛のこもった日替わりコメント付きでスクリーンショットが送られてくることが、みんなのやる気を高めてくれているのだと感じています。

まとめ

✔ メンバーがブログ更新できる理由

チャンネルのメンバーひとりひとりが「ブログ書く!」という意識があるのはもちろんのこと、タダケンさんの愛のこもった励ましがあるのが大きいと思います。

✔ この企画で学んだこと

IT化・自動化といわれている時代であっても、

人を動かすのは人

なんだなぁ~と思いました。


なんでもかんでも自動化するのではなく、

  • 自動化するべきこと
  • 人が心を込めて作業すること

を見極めることが必要ですね。

多少の手間や時間がかかっても、あえて手作業をすることで自動化以上の効果が期待できる局面もあるかもしれませんね
(人間を相手にする作業は特に!)


というわけで、「週一でブログ更新するチャンネル」は組織・コミュニティ運営のノウハウが凝縮された環境なのです!


(今は完全に支えてもらっている状況ですが、いつかちゃんとお返ししていきます!)

スポンサーリンク