基礎から学ぶVBAプログラミング教室

教えることは、二度学ぶこと

スポンサーリンク

【Excel小技】改行を含む文字列を一括で置換・変更したい(改行削除)

f:id:excel-accounting:20180806203750p:plain

セルの入力文字の見た目を整えるために入れる「改行」って、ちょっとやっかいですよね。

この記事で紹介すること

改行を含む文字列を一括で置き換える方法・削除する方法を紹介していきます。

f:id:excel-accounting:20180805224945p:plain:w450

ただの一括置換じゃダメなんです!

A列を選択して、置換機能(Ctrl+H)で”開発第1課”を空白に置き換えればいいんじゃないの?って思いますよね。

f:id:excel-accounting:20180805225112p:plain:w500

↓これで「すべて置換」すると・・・

f:id:excel-accounting:20180805225126p:plain:w150

うーん、なんか変ですね。

セルにカーソルを合わせるとわかります。
このように、改行が残っているんですね。

f:id:excel-accounting:20180805225134p:plain:w400

なぜ改行が残っている?

セルの見た目上、

システム開発部
開発第1課

となっている文字列は、エクセルでは、

システム開発部(改行コード)開発第1課

となっています。
改行コードは目に見えないので()でくくっています。


そのため、

"開発第1課"のみを空白に置き換えると、

システム開発部(改行コード)

となり、このように改行が残ってしまうのです。

f:id:excel-accounting:20180805230031p:plain:w200


そこで、

"(改行コード)開発第1課"を空白に置き換える必要があります。

改行コードの置換方法

「検索する文字列」の入力フィールドでCtrl+Jを押します。

見た目何も変わらないように見えますが、オッケーです。

それに続けて、開発第1課を入力(または、文字列を先にコピーしてあるなら貼り付け)します。

f:id:excel-accounting:20180806200607p:plain:w500

↓「すべて置換」すると、

f:id:excel-accounting:20180806201038p:plain:w150

キレイに改行も削除することができました!

関数で削除することもできます

CLEAN関数:印刷できない文字を削除する

「改行コード」はこの関数で削除することができます。

f:id:excel-accounting:20180806203053p:plain:w400

1つずつセルにカーソルを合わせてBackSpaceしてたよ~ってみなさん、ぜひ使ってみてくださいね!


その他、オフィスワーク効率化の記事はこちら!

めんどうな作業は関数でサクッと片づけちゃいましょう。

スポンサーリンク